‘未分類’ カテゴリー

ニキビとビタミンB

ビタミンBがニキビと深い関係があること…知っていますか?

ビタミンB群が欠乏すると肝臓の解毒する働きが悪くなります。そのため体から排出されるはずだった老廃物が出て行けず、皮脂腺に溜まるなど脂質代謝がうまくいかなくなってします。
その結果ニキビが出来やすくなったり、悪化してしまうのです。

ビューティーイメージ

ビタミンB群は8種類の栄養素で構成されていまする
この中でも、ビタミンB2・ビタミンB6はニキビと関係が深いビタミンと言えます。

ビタミンB2が欠乏すると肌荒れ・脂漏性湿疹・髪が痛むなどのトラブルを起こします。
体内でタンパク質の合成には必要なビタミンB2は、皮膚や髪の毛を生成するという大切な役割を担っています。

ビタミンB6は成長を促進、ホルモンバランスを整える作用があります。
ホルモンバランスの崩れは肌トラブルの原因になりかねません。

また、パテントン酸はストレスに対抗するホルモンを作り出してくれます。
肌や髪を健やかに保つ働きもあります。

ニキビでお悩みの方はビタミンB群が欠乏しないように、毎日の食生活でしっかりビタミンB群を摂れるメニューを意識してみてはいかがでしょう?
どうしても不足しがちな場合、サプリメントなどを利用するのも良いですね。

ビタミンBがたっぷりとれるメニュー

ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パテントン酸、ビオチン、葉酸の8種類の総称です。

ビタミンB1は疲労回復に効果があり、ビタミンB2は脂質代謝を促進。
ビタミンB6はタンパク質の分解・合成。皮膚・粘膜の健康を維持する、神経機能を正常に保つなどの働きをします。

体にとって大切な役割をしてくれるビタミンB群を効果的に摂りたいものです。
朝晩寒い日が続く今日この頃。そんな寒い冬にピッタリなメニューは?

suap


サーモンシチュー

生鮭、じゃがいも、玉ねぎ、ブロッコリー、しめじでビタミンBがしっかり摂れますよ!

カボチャとサツマイモのデリ風サラダ
 かぼちゃ、さつまいも、レーズン、アーモンドでおしゃれにデリ風のサラダに!
 ビタミンB群がたくさん取れます!

マグロ・アボカドのポキ
 まぐろ、ニンニクはビタミンB6が、アボカドにはビタミンB2・B6・葉酸が豊富です。
 タマネギにはビタミンB1・葉酸がふくまれています!
 マグロをおろしにんにく、みじん切りタマネギ、醤油、酒、ごま油の漬けだれに20分程度つけておきます。アボカドを食べやすい大きさに切って、漬けておいたマグロと合わせるだけなのでとても簡単です!仕上げに貝割れ台を大根をトッピングすると見た目も良いですね。

不足するとどうなるのか

B群に分類されるビタミンは全部で8種類あり、タンパク質、炭水化物、脂質などのエネルギー代謝をはじめとして、細胞や皮膚の新陳代謝から、血管や末梢神経、抗体の再生など、実にさまざまな機能を持っています。

 

人間の体の生態活動を支えているビタミンといってもよいでしょう。

 
そのため、不足した場合に想定される健康障害は、非常に多岐にわたります。

 

たとえば、ビタミンB1の欠乏がかつて脚気の原因となったのはよく知られていますが、その他にも、ビタミンB2や葉酸が欠乏すると動脈硬化のリスクが高まるといわれていますし、ビタミンB6やB12の欠乏は鬱につながるなど、あまり軽く考えてはいけない健康的な影響もあるため、注意が必要です。

 
気をつけたいのは、B群は8種類が連携して体内で作用するという性質を持っていることです。

 

つまり、たとえ他の7種類のビタミンが充分摂取できていたとしても、何かひとつが欠乏すると、他のビタミンもそれに引きずられる形で働かなくなってしまうのです。

 
ビタミンBのサプリメントはたいてい、「B群」としてひとまとめになっていますが、それには上のような理由があるのです。

 

8種類を食事でまんべんなく摂取するのは難しい場合もあるため、欠乏を避けるためにはこうしたサプリメントをじょうずに活用するのがおすすめです。

yjimageCANK1ZXO

理想的な摂取量について

美容のためには、様々な栄養が必要だと言われていますよね。

 
ですが、何事も、過ぎたるは及ばざるがごとしという言葉があります。

 
美容に良いから、健康に良いからと、1つの成分だけをたくさん摂り過ぎることは、かえって健康を損ない、美容にも悪影響を与えてしまいかねないのです。

 
例えば、美肌などの面において嬉しい効果がたくさんあるとされている大豆イソフラボン。

 
これも、過剰に摂取すると健康に害を及ぼす可能性があるとして、注意されていますね。

 
また、そこまで大きな害はないにしても、コラーゲンは大量摂取すれば、高カロリーなので太る原因になったりもします。

 
このように、いくら美容や健康への効果が期待されているものであっても、1度に過剰に摂取することは、体に負担になってしまうのです。

 
では、理想的な摂取量というのはどの程度のものなのでしょうか?

 
基本的に、人が普通に食事で摂取するくらいの量に関しては、多くの栄養素は、問題ない範囲内だと言われています。

 
問題となるのは、サプリなどで意識的に補った場合です。

 
サプリを栄養補助に使いたいのなら、1日の用量をしっかり守って飲むようにしましょう。

 
また、美容や健康に良いとされる成分は、できるだけサプリに頼らず、食事から補うようにするのが理想ですね。

yjimageCANK1ZXO

過剰摂取のデメリットについて

水溶性のビタミンですから、たとえ摂り過ぎてしまった場合でも、体に蓄積されずすぐに排出されるため、基本的には副作用はあまり心配する必要はありません。

 

しかし、いくつか過剰摂取による副作用が報告されているものもあり、注意が必要です。

 
副作用が分かっているのは、ビタミンB6、葉酸、ナイアシンの3種類です。

 
ビタミンB6の一日あたりの上限摂取量は600mgとされていますが、1000mgを越えて摂取していると、知覚障害、末梢神経の障害、腎臓結石などが起こる場合があります。

 
葉酸は、じんましん、発熱、かゆみ、アレルギー症状などが報告されています。また、神経症の患者さんは、過剰な摂取を長期間に渡って続けた場合、症状が重くなることも報告されています。

 
ナイアシンは、顔や耳、首などの皮膚が、紅潮したり、ヒリヒリしたり、または頭痛が起きたりといった症状が現れます。

 

これはナイアシンフラッシュと呼ばれる現象で、筋肉の血管が急激に拡張され、血流が促進されたために起こります。

 

摂取してすぐに現れ、長くても20分程度で収まります。

 

ナイアシンフラッシュそのものは、血行がよくなった証拠なのトラブルではありませんが、フラッシュが起こるほどの量を長期間飲み続けるのは好ましくありません。

 

分解は肝臓で行われるため、負担がかかりすぎて肝機能が弱ってしまうリスクがあります。

 
特にサプリメントで摂取する場合は、一日の摂取上限を守りましょう。製品に明記されてある量の目安は成人が対象ですから、子供の場合は量を減らす必要があります。

yjimageCANK1ZXO

女性ホルモンを調整してくれるビタミンB6

月経前症候群(PMS)は、生理が始まる2週間前から1週間前程度から身体面や精神面でいろいろな症状が出て、生理が始まったとたんに症状がなくなるという状態です

 

。症状は、むくみ、腹痛、頭痛、腰痛、胸の張り、睡眠障害、イライラ感、気分不安定、心配性、うつなどがさまざまです。

 
PMSの原因ははっきりしていませんが、月経サイクルのホルモンの変化と関係しているといわれています。

 
根本的な治療法は見つかっていないため、低用量ピルを使ったホルモン療法や頭痛薬、鎮痛薬、精神安定剤の投与など症状を軽くするための方法が行われています。

 

その中で重要と言われているのが、ビタミンB6です。

 
筋肉、内蔵、皮膚、ホルモンなどは、たんぱく質からできています。B6は、体内でアミノ酸からのたんぱく質合成、たんぱく質からのアミノ酸への分解に使われる成分です。

 

また、神経細胞の間で、情報の受け渡しをしている神経伝達物質の合成にも関係しています。

 

そのためB6が不足すると体にいろいろな支障がでてきます。

 
女性は月経前になると血中B6濃度が低下します。これは月経前に血中濃度が高まるプロゲステロンという女性ホルモンがアミノ酸代謝を促進して、B6が大量に消費されるためと言われています。

 

そのため、PMSの症状がある時にB6を投与すると症状が軽くなることがあります。

 
また、B6は、むくみ、胸の張り、気分不安定を改善する作用があるマグネシウムの働きを高めます。

 
B6は、レバー、マグロ、カツオ、鶏肉に多く含まれますので、PMSの症状がある場合にはこれらを食べるようにするとよいです。
yjimageCANK1ZXO

お肌にはビタミンB2

女性はダイエットなども日頃から考えているため、どうしても食事量が少なくなりがちです。

 
そのため、自分が思っている以上に栄養不足となっている場合が多いです。

 
口内炎ができやすいとか、皮膚にトラブルを抱えている場合はビタミンB2が不足しているのかもしれません。

 
この栄養素は髪の毛や皮膚の再生に役立つビタミンで、女性にとって非常に大事なビタミンとなっています。

 
また、脂肪の代謝を促進するので結果としてダイエットにも役立つとされています。

 
どのような食品に含まれているのかというと、牛・豚・鶏のレバーやうなぎ、卵、納豆に多く含まれています。

 
豚レバーや牛レバーだと、約40グラム食べると、一日に必要な量を摂ることができます。

 
また、アーモンドや、青魚類、魚卵、まいたけなどのきのこ類にも比較的多く含まれています。

 
これらの食品が苦手であったりしてあまり、食べられない場合は、できるだけ多く含まれている食品を複数かね合わせて、含有量をチェックして一日分にするとよいでしょう。

 
また、食が細い人や時間がなくて偏ってしまう場合は、サプリメントもあります。

 
サプリメントでは必要なビタミンが豊富に含まれているため、十分に補うことができます。
yjimageCANK1ZXO

ダイエットにはビタミンB1とB2

食事によって体内に入った炭水化物、脂肪、たんぱく質は体内で代謝されて、最終的に二酸化炭素と水になり、その過程でエネルギーが生まれます。

 
しかし、その代謝経路がうまく働かなくなると、脂肪となって蓄積していきます。そのため、ダイエットにはこの代謝経路をうまく働かせることが大切です。

 
炭水化物、脂肪、たんぱく質の代謝に欠かせない物質が、ビタミンB1とビタミンB2です。

 
炭水化物は、数々の代謝を経た末に、ピルビン酸という物質になります。その後、アセチルCoAになった後、TCA回路という代謝を受けている過程でエネルギーが産生されます。B1は、ピルビン酸がアセチルCoAになる際に働きます。

 
一方、脂肪はまずグリセリンと脂肪酸に分解され、グリセリンはピルビン酸に代謝されます。脂肪酸はアセチルCoAに代謝され、その際にビタミンB2が働きます。また、たんぱく質が代謝されTCA回路に入る際にも働きます。

 

これらの代謝がうまくいかないと、脂肪として体に蓄積されることになります。

 
すなわち、B1とB2は、ダイエットには欠かせないビタミンということです。

 
B1を多く含む食品は、穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類など、B2を多く含む食品は、レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類などです。これらの食品を意識的に食べるか、サプリで摂ることによってダイエット効果が期待できます。

yjimageCANK1ZXO

多く含む食品について

ビタミンB群は体の調子を整える働きをしますが、その働きは非常に大きいものです。

 
例えばB1が欠乏してしまうと、脚気であったりいろいろな病気になってしまうことが知られています。

 
肌の美しさや、髪の毛の健康など女性の美容にとっては必要不可欠なものなので、しっかりと摂ることが大事です。

 
B1が多く含まれている食品は、豚肉やソーセージやハムなどのお肉類、うなぎや魚卵、また、玄米があります。

 
B1は糖をエネルギーに変える働きをしてくれます。ダイエット中などはどうしてもお肉類を控えがちですが、ぜひ摂りたい食材です。

 
B2はレバーや、卵、うなぎ、魚卵、チーズなどに多く含まれています。

 
皮膚や髪の毛、爪などを作るのに関わっているとされるのがB2です。

 
よく口内炎ができる方などはこのB2が不足しがちになっているのかもしれません。

 
B6はお肉やレバー、にんにく、まぐろなどの特に青魚類に含まれています。

 
ビタミンB12は貝類やレバーに多く含まれています。

 
レバーが多く登場していますが、レバーばかりを食べるというのも良くありません。

 
バランスの良い食事を心がけて、その中に、これらの食品を多く使うようにすれば必要なビタミンをしっかりと摂ることができるでしょう。

yjimageCANK1ZXO

補酵素の働きとは

酵素には、消化に使われるものや代謝に使われるもの、食品の中に含まれて発酵を助けるものなど、いろいろな働きを持つものがあります。

しかし、それだけではスムーズに効果を発揮できない酵素もあるため、補酵素が重要になります。
酵素をサポートする働きを持っており、酵素たんぱく質と結合し、酵素の作用に必要になる低分子の有機化合物のことで、ビタミンやミネラルといった成分です。
特に、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変化させ、ビタミンB6はアミノ酸やたんぱく質代謝に、ナイアシンは酸化や還元など脱水素酵素として働いています。
野菜には多く含まれているので生食すると合理的に摂取することができます。

 

また、コエンザイムQ10にもビタミンやミネラルと同様の効果があるため、エネルギーを生み出すために役立ちます。コエンザイムQ10は強い抗酸化作用を持っており、生活習慣病や老化の予防をすることができます。

体内にあるほとんどの細胞に存在しており、エネルギー源や身体の中にあるコラーゲンを守る役割、口腔内や歯茎の健康維持などの効果を持っています。
年齢とともに減少していくため、コエンザイムQ10はサプリメントなどで摂取することが望ましいのです。

yjimageCANK1ZXO