ビタミンB群とは

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8つの成分の総称で、いずれも体内で、補酵素として機能します。

補酵素とは、酵素が正常に機能するために必要な物質のことです。これが不足すると、生体内でいろいろな物質の代謝や合成に関与している酵素がうまく働かず、障害が出てきます。

af9920042558l
ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸は糖分や脂質やたんぱく質の代謝を行う酵素に働きかけます。これらが不足すると、皮膚炎、口内炎、神経炎が起こります。ビタミンB6は、アミノ酸代謝や神経伝達に使われ、不足するとけいれんや貧血が起こります。

ビタミンB12や葉酸は、DNA合成や脂肪酸の合成に使われ、これらが不足すると悪性貧血が起こります。ビオチンは糖分や脂肪の代謝に使われ、不足すると免疫が低下したり、インスリンの働きが悪くなって高血糖になります。敏感肌の化粧品はこちらです。
これらのビタミンは、食事から摂ることができます。ビタミンB1、B2、パントテン酸は肉類、卵、乳、豆類に多く含まれています。ナイアシンはいろいろな食品に含まれているトリプトファンというアミノ酸から体内で合成されます。

 

ビタミンB12は、海苔や貝、レバーに、葉酸はレバーや緑黄色野菜に、ビオチンはレバー、豆類、卵黄に含まれています。

ビタミンB6は、腸内細菌が合成するので不足することはまずありません。
これらのビタミンを含む医薬品やサプリメントが発売されています。

これらは水溶性なので、体に必要な分以外はおしっこに含まれて排泄されるため、多めに摂っても支障はありません。

yjimageCANK1ZXO