ダイエットにはビタミンB1とB2

食事によって体内に入った炭水化物、脂肪、たんぱく質は体内で代謝されて、最終的に二酸化炭素と水になり、その過程でエネルギーが生まれます。

 
しかし、その代謝経路がうまく働かなくなると、脂肪となって蓄積していきます。そのため、ダイエットにはこの代謝経路をうまく働かせることが大切です。

 
炭水化物、脂肪、たんぱく質の代謝に欠かせない物質が、ビタミンB1とビタミンB2です。

 
炭水化物は、数々の代謝を経た末に、ピルビン酸という物質になります。その後、アセチルCoAになった後、TCA回路という代謝を受けている過程でエネルギーが産生されます。B1は、ピルビン酸がアセチルCoAになる際に働きます。

 
一方、脂肪はまずグリセリンと脂肪酸に分解され、グリセリンはピルビン酸に代謝されます。脂肪酸はアセチルCoAに代謝され、その際にビタミンB2が働きます。また、たんぱく質が代謝されTCA回路に入る際にも働きます。

 

これらの代謝がうまくいかないと、脂肪として体に蓄積されることになります。

 
すなわち、B1とB2は、ダイエットには欠かせないビタミンということです。

 
B1を多く含む食品は、穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類など、B2を多く含む食品は、レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類などです。これらの食品を意識的に食べるか、サプリで摂ることによってダイエット効果が期待できます。

yjimageCANK1ZXO